スマホとキャリアウーマン

労務管理で必要な組織体制図や緊急連絡網の作成も効率化!

伸びをする女性

新卒採用や中途採用、パートやアルバイトの採用、そして人事異動後の必要となるのが組織体制図や緊急連絡網の作成です。これらの組織体制図や緊急連絡網はエクセルなどでも作成することができるものの、手間や時間がかかります。資料作成に時間がかかることで、貴重な勤務時間が利用されてしまい本来の業務により得られる利益が減少することもあります。そこで、人事労務管理システムを導入して組織体制図や緊急連絡網をスピーディーに作成してみませんか?
人事労務管理システムは、データベースに登録された社員情報を社内で共有することができ、人事異動により所属部署が変わった場合でもシステムが組織体制図に自動反映してくれます。これまで時間を掛けて組み替えていた作業が解消されます。また、緊急連絡網なら労務管理データをそのまま利用することができ、全社や部門単位で連絡先を確認するといったことが無くなります。さらに、労苦管理データの登録や変更は社員が個人個人でパソコンなどの端末から登録を行うことができ、住所や電話番号などが変わった際にも面倒な手続きを行わずに更新することが可能になります。
そのほか、これまで人事異動後に組織体制図や緊急連絡網の作成が遅れてしまい、全社共有までにタイムロスが発生し、非常に対応できないリスクが生じていることが解消されます。

労務管理システムで各種書類作成の効率化が図られる!

人事や労務管理を行う部門において手間や時間、ミスが生じやすいのが保険の申請書類や年末調整の各種書類作成です。申請用紙を全社員に配布し、記入されたものを回収して確認、訂正があれば差し戻しを行い再回収、そして外部提出のために転記という業務が発生します。しかし、人事労務管理システムを導入することでこれらの業務の無駄を排し、効率化を推進できます。
先ず、申請書類を印刷して社員に配布するといったことがありません。年末調整や健康保険の更新手続きでは、社員の個人情報が記載されたものを配布する際には手渡しになるものの、人事労務管理システムなら社員がパソコン操作を行い、自分で印刷するため個人情報保護も強化されます。また、申請書類の提出状況をリアルタイムで確認でき、提出された書類を確認して提出状況を把握するといった無駄な手間がかかりません。さらに記載された情報に誤字や不足があった場合でも、パソコン上で差し戻しの作業を行え、社員個人個人に再提出のために書類の手渡しを行うこともありません。
年末の12月から1月にかけて、年末調整や健康保険の資格認定継続のために業務時間が増加し、要因が書類の配布から回収、再提出依頼となっているのであれば人事労務管理システムで問題を解決してみましょう。

労務管理システムは既存のパソコンやネット環境を利用でき低コスト!

労務管理から人評価の分析、適切な人員配置の計画を行うために、社内システムを構築しようとしていませんか?しかし、出退勤管理システムや人事評価システムのために設備を導入することになり、費用面での問題があるのであれば、既存の環境を利用できる人事労務管理システムを導入してみませんか?
人事労務管理システムは、既に社内にあるネットワーク環境やパソコンを利用し、短期間で構築することができます。また、IDやパスワードを用いるカードレス型なら専用カードの発行に費用を充てる必要がありません。社員数が多いほど、環境構築に手間がかかり、パソコンへのシステム設定も大変と考えがちですが、WEBブラウザ型の人事労務管理システムなら個々のパソコンにシステムをインストールする手間が掛からず、システムへのログインページのショートカットを社内通知するだけにすることが可能です。
既存環境を利用するのであれば、各職場のパソコンで勤怠管理から各種申請を行うことができ、製造工程においてはタイムロスを軽減できます。
そのほか、人事労務管理システムはパソコン上の時間とシステム管理上の時間を照合することができ、勤務時間を改竄されるといったリスクも軽減できます。また、パソコンなら社員全員が操作に慣れやすく、打刻や申請方法を教育するといった無駄な時間を生じさせません。


ツナガル社員!労務管理のシステムを行うなら「Direct HR」がおすすめです。入社から出産・退職を含む会社への申請処理が一元的にクラウドで管理することができます。